近ごろ人気が高まっている競艇。
ボートレースクラシックというレースがあるのは知ってるか?

このボートレースクラシックは、絶対におさえておくべき重要なレースなんだ。

G1のさらに上、SGと呼ばれる最高峰クラスのレースの1つとして、競艇ファンが毎年熱狂しているぞ。
これは高配当も期待できそうだな。

これから競艇をはじめる人やビギナーは、ぜひ覚えておいて損はないだろう。

このページでは、ボートレースクラシックの歴史や賞金について、詳しく解説していくぞ。

ボートレースクラシックとは

ボートレースクラシックは、SGの中でもGRANDE5と呼ばれる5大レースの中の1つ。
毎年3月の半ばから予選が行われているぞ。

正式名称は鳳凰賞競走で、1966年から続く歴史あるレースなんだぜ。
1988年から2014年までは総理大臣杯に改称されていたが、2015年度から現在のボートレースクラシックと呼ばれるようになったぞ。


開催される競艇場は毎年変わり、優勝賞金はなんと3500万円
賞金額からでも、いかに大きいレースなのかわかってもらえたと思う。

出場資格

実はこのレース、出場資格をクリアした限られた選手しか出ることができないんだ。
ボートレースクラシックの出場条件を見てみよう。

  • ・前年度のボートレースクラシック優勝者
  • ・前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
  • ・前年に行なわれたたSG・G1・G2の優勝者
  • ・前年に行なわれたG3以下の優勝戦回位上位者

基本的に、各クラスの前年度に活躍した選手が出ると思っていいな。
トップクラスの選手からベテラン、期待のルーキーまで、ハイレベルな戦いが見れることは間違いないだろう。

過去5年間の優勝者

  • 2014年(尼崎) 松井繁 枠番1 逃げ
  • 2015年(尼崎) 桐生順平 枠番1 逃げ
  • 2016年(平和島) 坪井康晴 枠番1 逃げ
  • 2017年(児島) 桐生順平 枠番1 逃げ
  • 2018年(浜名湖) 井口佳典 枠番2 まくり

過去5年のボートレースクラシックでは、桐生順平が2015年と2017年に2勝している。
歴代の優勝者が気になる人は、以下のリンクからチェックしてみてくれ。

過去のボートレースクラシック優勝者はここをチェック


さらに気になるのが、配当はどれくらいなのか。

トップクラスの選手同士の勝負は舟券を買わなくても楽しめるものだが、配当金が高ければさらにレースは白熱するからな。
こちらも一緒に確認していくぞ。

  • 2014年 1-6-4 ¥7,390 24番人気
  • 2015年 1-3-2 ¥2,280 6番人気
  • 2016年 1-4-3 ¥2,480 10番人気
  • 2017年 1-5-2 ¥4,280 17番人気
  • 2018年 2-4-6 ¥25,140 60番人気

見てのとおり、2015年は1-3-2の堅い6番人気でも22.8倍のリターン。
6番人気だと配当が数百円なんてザラだから、通常より高めな配当を期待できるぜ。

どうやら大きなレースだとトップ選手同士も評価も割れるから、人気の舟券でも配当が高くなるようだな。

ボートレースクラシックで、高配当を目指せ

ここまで読んでくれて、感謝するぜ。

ボートレースクラシックの歴史や傾向について分かってくれたかと思う。
配当額の高いレースだから、ぜひ予想してみるといい。

しかし実際に舟券を買うとなると
「知識や情報が足りなくて、買い目がわからないな…」
こんなふうに感じることも多いかもしれない。

そんな時にチェックしてほしいのが、ウチの「アタルの競艇放狼記」だ。

実は世の中には、具体的な買い目や、予想に役立つ情報を提供してくれる競艇予想サイトがいくつもあるんだが…
ウチではそれらのサイトを丁寧に検証して、信頼できるサイトのみ紹介しているんだ。

ボートレースクラシックについて知った今、勝てる情報を手に入れれば、高配当なレースで稼ぐために必要なものはすべて手に入ることになる。

ぜひ↓から自分に合った競艇予想サイトを見つけて、ボートレースクラシックでプラス収支を実現してくれよ。