競艇(ボートレース)における新型コロナウイルスの影響一覧

2020年初頭から流行している新型コロナウイルスは、競艇の世界にも影響を及ぼしている。

一時はレースの開催が中止されることさえあったが、2020/05/25緊急事態宣言が解除されたことを受け、少しずつ業界も活気を取り戻しつつあるな。

しかしまだまだ「これまで通り」とはいかない部分も多いから、競輪ファンとしては「結局、いま何が禁止されて、何が復活しているんだ?」と混乱することも多いはずだ。

そこでこのページは、ボートレース公式サイトの情報をもとに、新型コロナウイルスの影響について現状をなるべくわかりやすくまとめている。

出かける前に目を通しておくといいぜ。

各競艇場の開催状況

2020/7/20時点で、競艇場については全国24場すべてが通常通りにレースを開催している。

ボートピアなどの場外発売場についても、基本的には順次営業を再開しているようだ。

ただ、3月の休業からそのまま廃業の運びとなったボートピア習志野のような例もあるから、出かける際にはぜひ各会場の公式サイトを確認してほしい。

営業中の競艇場、場外発売場についても、入場の際にはマスクの着用検温など、いくつかの条件が課されることがあるから、その辺りも気を付けてくれよ。

また現在、たいていの競艇場では発券・払い戻し以外の業務を止めていたり、グレードレースにおけるピットレポートの規模を縮小していたりする。

今までと勝手が違ってくることも多いが、これから稼ぎ続けるためにも、なるべく協力したいところだな。

舟券の払い戻しについて

一時期競艇場等での舟券の発売・払い戻しが中止されていた影響で、2019/12/30~2020/02/27の間に行われたレースの当たり舟券は、払い戻しの期限が延長されることになっていたな。

期限については「全競争場等の営業再開から60日後まで」とされているんだが…
営業再開の準備が整った会場が増えて来ていることから、現在、条件に該当する舟券の臨時払い戻しが実行されている。

カンタンにいえば、「期限はまだまだ延長されるけど、すでに開いてる会場では払い戻しを行っていい」というコトだな。

ウチを見にくるような競艇ファンはおそらく、当たった舟券はその日のうちに払い戻しているだろうが…
念のため、財布の中など確認してみるといいぜ。

感染者の発生について

2020/07/21に発表された情報によれば、2020/07/20に行われた検査で、ボートレーサー1名が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と診断されたらしい。

そのボートレーサーと、いわゆる「濃厚接触」を行った業界関係者は、今のところ確認されていないようだな。

詳しくは公式サイトをチェックだ

ここまで読んでくれて感謝するぜ。

競艇(ボートレース)業界における新型コロナウイルスの影響について、なるべくわかりやすくまとめさせてもらった。

このページは随時更新していくが、より厳密、かつ最新の情報を得るためには、ぜひボートレースの公式サイトをチェックしてほしい。