ボートレースチャレンジカップとは?歴史や賞金を詳しく解説するぞ

2013年以降、売上が徐々に伸びている競艇。

ボートレースチャレンジカップというレースを知っているか?

1998年、競艇界の売上低迷を打破するために作られたのが、このボートレースチャレンジカップだ。

正式名称は「チャレンジカップ競走」で、競艇の最高位レースであるSGレースに区分されている。

最大の特徴は、賞金ランキングの上位入賞者しか出場できないことだな。
年末に行われるボートレースグランプリ出場を賭けた最後のレースということもあり、毎年必ず盛り上がるレースなんだ。

このページでは、ボートレースチャレンジカップの歴史や賞金、出場資格から歴代優勝選手まで詳しく解説していくぞ。

ボートレースチャレンジカップについて

ボートレースチャレンジカップは、競艇最高位クラスのSGではもっとも新しいレースだ。
この大会は、12月に開催される賞金王決定戦競走およびグランプリシリーズ戦への最終トライアル競走に位置づけられている。

賞金王決定戦競走およびグランプリシリーズ戦の選考対象になるこのレースは、選手の気合いも充分。

いつも以上に本気でタイトルを狙いにいくから、より白熱した戦いが見られるのは間違いないな。

毎年11月の下旬に開催され、優勝賞金は全体で3番目に高い2500万円
開催する競艇場は毎年変わり、年によって違うぞ。

ボートレースチャレンジカップの出場条件

ボートレースチャレンジカップの出場条件は、下記のように決められているんだ。

  • ・1/1〜10/31までの獲得賞金上位者34名

他のSGレースのように優先出場権はなく、純粋な賞金獲得ランキングの順位だけで評価されるぞ。

ボートレースチャレンジカップ開催までは、他のレースの賞金争いにも目が離せなさそうだな!

過去5年間の優勝選手

  • 2014年(下関) 太田 和美 枠番1 逃げ
  • 2015年(芦屋) 笠原 亮 枠番1 逃げ
  • 2016年(大村) 石野 貴之 枠番1 逃げ
  • 2017年(下関) 毒島 誠 枠番1 逃げ
  • 2018年(芦屋) 馬場 貴也 枠番1 逃げ

2018年にSG初優勝を果たした馬場貴也以外は、皆SGレースを複数回優勝しているな。
やはりプレッシャーのかかるSGレースということもあって、トップクラスの選手が順当に勝利している。

舟券を購入するときは、ぜひ参考にしてみてくれ。

チャレンジカップが始まる前に、信頼できる競走予想サイトを味方につけろ

ここまで読んでくれて、感謝するぜ。

ボートレースチャレンジカップの歴史や賞金、出場資格から歴代優勝選手を解説したぞ。
賞金王決定戦競走およびグランプリシリーズ戦前最後の大型レースとあって、盛り上がること間違いなし。

そんな盛り上がりのなかで、舟券もしっかりと的中させておきたいところだな。

しかし、いざ舟券を買うとなった時に、

「買い目がなかなか絞れない…」
「新聞とか雑誌とか、情報が多すぎて何を信じていいかわからない…」

こんな経験をしたことがある人も多いんじゃないか?

たしかに、数ある予想の中から本当に信じられる情報を得るのは難しいかもしれないな。

そんな人達にオススメしたいのが、ウチこと「アタルの競艇放狼記」だ。

「アタルの競艇放狼記」では、この俺アタルが実際に競艇予想サイトに登録して、本当に信頼できる情報を提供するサイトだけを掲載しているぞ。

口コミも投稿できるようになっているから、そちらも参考にしてみてくれ。

各競艇予想サイトの実績は、↓のボタンから見ることができるぞ。
自分にあった競艇予想サイトを見つけて、ボートレースチャレンジカップで舟券を的中させてくれ!