競艇予想の回収率をプロ並みまで引き上げ、安定した収益を得る為には、各競争水面の特徴を掴むことが不可欠。

とくに全国屈指の広さをほこり、多彩な決まり手が見られる浜名湖競艇場について詳しく知ることができれば、どんな展開にも惑わされることなく的中を積み重ねることができるだろう。

このページでは、浜名湖競艇場の特徴や、予想の際に役立つデータを紹介していく。

浜名湖で勝ち組になりたいなら、必見だぜ。

基本のデータを紹介するぞ

予想に関するデータの前に、まずは浜名湖競艇場の基本的な情報を紹介しておこう。


そして、各コースの成績は次の通りだ。

コース 1着率 2着率 3着率
1 52.8 17.7 8.8
2 14.4 23.8 17.2
3 12.5 21.0 20.5
4 11.8 17.3 20.6
5 6.7 13.5 18.6
6 2.0 6.9 14.9

※2019年のデータを表示しているぞ

インの勝率はやや低めで、その分2~5コース辺りの勝率がまんべんなく上がっていることがわかるだろう。

それだけに、このデータを見ても「どんな選手を買えばいいのか」はかなり分かりにくい。

差しかマクリか、あるいは競艇のセオリー通り順当に逃げが決まるレースもあるだろうが…
何を基準にその辺りを見分けるべきか、これから紹介する情報が参考になるはずだ。

「広い」水面は何かと勝手が違う

浜名湖の水面について語るとき、その広さについて無視するわけにはいかない。

1マークのバック側はなんと126mもあり、どのコースの選手も全力で握って回れそうだ。

そしてコースが広い分、ピットから2マークまでの距離もかなり長めで、枠なり進入率は低めになっているな。

これらの特徴により、浜名湖では機力・旋回・あるいはピット離れに至るまで、選手のさまざまな強みが十分に生かされたレースが繰り広げられるぞ。

また浜名湖の水面はあらゆる部分が広く取られているが、スタートラインの広さについても注目しておきたい。

一般的にスタートラインが広いコースは、アウトコースから1マークまでが遠くなるため、相対的にインが有利になると言われているが…
浜名湖では、全力で握れるコース形態のおかげで、旋回半径を大きく取れるアウトコースが有利になることも多い。

他の水面ではあまり見られない「マクリ差し」も、浜名湖ではかなり決まりやすいと言われているぞ。

水質は柔らかいが、風には注意だ

浜名湖競艇場はその名前の通り湖の中に作られているが、浜名湖自体が海と繋がっているため、水質は淡水でなく汽水とされている。

実態としてはほとんど海水であるらしく、水面の広さと相まって選手の間では「乗りやすい」水面として有名だな。

ただし、海に近く、また湖全体が広大であるおかげで、浜名湖の水面はかなり風の影響を受けやすい。

レースへの影響が大きい追い風・向かい風が特に多く、毎秒5m以上の強風になることもザラだ。

一般的に、追い風のときはインの加速がつきやすくなり、向かい風はダッシュ屋の有利が強まる、と言われているが…
浜名湖では、むしろ追い風の際にマクリが決まりやすくなっている

もともと全速戦が繰り広げられやすい浜名湖では、追い風まで吹いてしまうと「加速の付き過ぎ」を恐れて出遅れる船が多くなるのかも知れないな。

対照的に、向かい風の際は握り過ぎたインが流れてしまうためか「マクリ差し」で決まることが多くなっているぞ。

さらなる高みを目指すなら

ここまで読んでくれて感謝するぜ。

浜名湖競艇場の特徴や水面特性、さらに具体的なデータなどを紹介させてもらった。

この記事を活用して、浜名湖でのボートレース予想をレベルアップさせてくれたなら嬉しく思うぜ。

とはいえ浜名湖は、どのコースにもチャンスのあるエキサイティングな水面で、ただ観戦する分には愉快だが予想は困難

他の競艇場なら見向きもしないはずの選手さえ魅力的に見えてしまい、まったく点数が絞れない…なんて経験をした競艇ファンもいるかもしれないな。

そこで、浜名湖での的中率を更に高め、回収率100%超を目指すなら、プロが競艇予想を提供するサイトを利用して、より質の高い情報を集めるのが得策だ。

ウチこと「アタルの競艇放狼記」で紹介しているサイトは、この俺アタルが実際に会員登録して実力を確かめたものばかりだから、うまく活用すれば相当な稼ぎに期待できるぜ。

↓にいくつかオススメを見繕っておいたから、ぜひチェックしてくれよ。