競艇予想の質を高め、生涯回収率をプラスに転じさせたいなら、各競艇場の特徴を掴むことが不可欠

特に、SGのような大レースで舟券を的中させたいなら、毎年のようにグランプリが行われ、ボートレースのメッカとも呼ばれる住之江競艇場のレース傾向を押さえておく必要があるだろう。

このページでは、住之江競艇場の特徴や、予想の際に押さえておくべきデータなどを紹介していく。

住之江で勝ちたいなら、ぜひチェックしてくれよ。

基本のデータを紹介するぞ

予想に関するデータの前に、まずは住之江競艇場の基本的な情報を紹介しておこう。

  • 住所:大阪府 大阪市住之江区泉1-1-71
  • 公式サイト:http://www.boatrace-suminoe.jp/
  • 支部:大阪支部
  • モーター交換時期:3月

そして、各コースの成績は次の通りだ。

コース 1着率 2着率 3着率
1 55.6% 16.2% 9.3%
2 16.0% 25.3% 18.5%
3 11.8% 23.2% 19.8%
4 10.1% 17.5% 19.9%
5 4.8% 12.7% 19.1%
6 1.7% 5.5% 13.6%

※2018年のデータを表示しているぞ

全体的な傾向として、1号艇の勝率はやや高めで2号艇の成績もよく、競艇のセオリー通りに決まりやすいコースだといえるな。

もちろん、それだけ押さえていても住之江で勝つことは難しい。
「なぜインが強いのか?」をしっかり把握しておけば、例外的にインが崩れるケースも見極めることができるようになるだろう。

ここから、住之江の水面特性や番組の傾向について紹介していくぞ。

インの選手が走りやすい水面

住之江競艇場

競走水面の形を見るとわかるとおり、住之江はセンターポールと第1ターンマークのなす角度が浅く、それぞれの地点から護岸までの距離の差は6mほどしかない。

これによってインに入った選手が無理のない進路で1マークを回ることができるため、1コースの有利が大きくなっているぞ。

また、住之江は2019年から完全ナイター開催になった、という点も見逃せない。
夜は気温が下がることでモーターの出力が上がるから、上で紹介したよりもさらにイン逃げが決まりやすくなるだろう。

とはいえ今のところ、住之江の1コース勝率は全開催場の10番前後

以下で紹介するような理由によって、コース形態による有利がやや抑えられているんだ。

堅い淡水が特徴で、「抜き」による決着が多めだ

住之江の競争水面は、工業用水と雨水を溜めたプールになっており、水質は淡水

不純物が少ないためか曳き波が残りやすく、レーサーからは「堅くて、乗りにくい水面」だと言われているな。

住之江で波が残りやすい理由は他にもいくつかあり、その一つとしてスタンドと水面が近いことが挙げられる。

観客席からの見ごたえを重視した結果、消波装置と護岸の間に十分な距離を取ることができず、どうしても装置が波を消しきれないんだ。

この影響はとくに2マーク近くで顕著になっていて、他の競艇場と比べて「抜き」で決まるレースが多い理由になっているぞ。

ちなみに「波が多い」というとどうしても風の影響を考えてしまうが、住之江は比較的風のおだやかな水面

横風は建物によってガードされるため、追い風か向かい風しか吹かない、というのも覚えておいてほしい。

チルトは最大1.5度

住之江で使用できるチルト角度は1.5度までだが、乗りにくい水面だけあってマックスまで角度を付ける選手はあまりいないようだな。

チルト1.5度の選手を見かけたら、かなり明確にマクリを主張していると考えていいだろう。

また住之江競艇場特有の事情として、ボートにモーターを取り付ける際の細かな位置の調整、すなわちライナー調整が可能であることは忘れてはいけない。

近ごろここを調整する選手はほとんどいないが、それだけにライナーに手を付けた選手はぜひ注目しておきたいところだな。

鉄板番組が多く組まれると噂だ

ここで、住之江の番組編成についても触れておこう。

この手の話は公式から情報が出るようなものでもないから、あくまでも話半分に捉えておくべきだが…

関西の競艇場では、エースが独走するレースや、予想がカンタンで外しにくいレースが好まれる傾向にある。
そのため住之江でも、他の地方と比べて本命有利な番組が組まれやすい、とされているんだ。

予想がしやすいのは一見、観客にとってありがたいことのようだが、誰でも予想できるレースというのはその分配当が低くなりがち

総じて住之江は、気持ちよく的中させていたつもりが気付けばマイナス収支…ということになりやすい水面だといえる。

住之江で勝つなら競艇予想サイトを使え

ここまで読んでくれて感謝するぜ。

住之江競艇場に関するデータや、予想の際に考慮すべきさまざまな特徴についてまとめさせてもらった。

このページが、競艇予想の助けになったなら嬉しく思うぜ。

とはいえ何度か説明した通り、住之江はかなり稼ぎにくい水面

ただ予想を楽しむだけでなく「勝てる」予想がしたいなら、プロが競艇予想を提供するサイトを利用して、更なる情報を集めるのが得策だ。

ウチこと「アタルの競艇放狼記」で紹介しているサイトは、この俺アタルが実際に会員登録して品質を確かめたものばかりだから、きっと回収率アップの役に立つだろう。

↓にいくつかオススメを見繕っておいたから、ぜひチェックしてくれ。