ボートレースダービーとは?歴史や賞金、出場条件について解説するぞ

近年、盛り上がりを見せている競艇

ボートレースダービーというSGレースを知っているだろうか。

日本で最も古い大会で、競艇のグレード制が制定されるよりも前から続く大会なんだ。
正式名称は「国土交通大臣旗争奪 全日本選手権競走」

レースが初めて開催されたのは1953年というのだから驚きだな。
65年以上も続く伝統のある大会で、格式高いGRANDE5という5大レースに制定されているぞ。

最大の特徴は、勝率の高い選手から順に大会へ選出されていくことだな。
本当に「勝負に強い」選手だけが戦う、圧巻のレースが見られるだろう。

このページでは、ボートレースダービーの歴史や賞金、選手の選出方法から歴代優勝者まで、詳しく解説していくぞ。

ボートレースダービーについて

ボートレースダービーは、現在競艇の最高位レースであるSGレースに区分されている。
毎年10月上旬から11月上旬にかけて行われ、優勝賞金は競艇全大会の中で2番目に高い、3500万円

金額の大きさからも、どれだけ重みのあるタイトルなのかが伝わってくるな。

開催地は日本全国持ち回りで、その年によって違うんだ。
2015年からは、優勝戦出場者全員にメダルが授与されるようになったぞ。

ボートレースダービーの選手出場条件

選手の選考期間は、前年の8/1〜開催年の7/31まで。

冒頭でも述べたとおり、ボートレースダービーは勝率の高い選手から順に選出されていくぞ。
しかし、例外として優先的に出場できる選手もいるんだ。

それでは、気になる選手の出場条件を見ていこう。

優先出場

  • ・前年度のボートレースダービー優勝者
  • ・前年度のボートレースグランプリ優勝戦出場者(6名)
  • ・同年に開催されたボートレースメモリアル優勝者

出場条件

  • ・選考期間内の勝率上位選手
     ※必開催年の後期A級であり、160走以上出走している選手のみ
  •  ※勝率が並んだ場合は、着順点の上位者から順に選出

前年度のチャンピオンや、直前のSGレースであるボートレースメモリアルの優勝選手など、結果を残した選手は出場が確約されるぞ。

勝率が高い選手から順番に選ばれていくので、必然的にトップクラスのレーサーが一同に集まることになる。
相当ハイレベルな戦いになると思ってもいいだろう。

過去5年間の優勝者

  • 2014年(常滑) 仲口 博崇 枠番1 逃げ
  • 2015年(浜名湖) 守田 俊介 枠番1 逃げ
  • 2016年(福岡) 瓜生 正義 枠番1 逃げ
  • 2017年(平和島) 深川 真二 枠番6 差し
  • 2018年(蒲郡) 守田 俊介 枠番1 逃げ

なんといっても特徴は、2015年・2018年と2度優勝を果たしている守田俊介と、2010年・2013年・2016年とV3を達成している瓜生正義だろう。

2人ともトップクラスのレーサーであることに変わりはないが、特にボートレースダービーでは結果を残しているんだ。

次に舟券を買う時の、参考にしてみてもいいかもしれないな。

ボートレースダービーで勝ちたいなら、自分にあった競艇予想サイトをみつけろ

ここまで読んでくれて、感謝するぜ。

ボートレースダービーについて、わかってくれたかと思う。
日本最古ということで、伝統と格式のあるレースが楽しめると思うぜ。

レースに盛り上がるのもいいが、舟券の方もキッチリと的中させておきたいところだな。

しかし、自分で予想をして舟券を買ってレースに挑んだのはいいものの、

「予想が絞りきれずに、トリガミだ…」
「わざわざレース前に新聞を買ったのに、全く情報が役立たなかった…」

こんな経験をしたことがあるんじゃないか?

そんな人にぜひオススメしたいのが、ウチこと「アタルの競艇放狼記」だ。

「アタルの競艇放狼記」では、この俺アタルが本当に信頼できる競艇予想サイトだけを紹介しているぞ。
実際に登録をして、しっかりと検証しているから、安心して見ていってくれ。

各サイトの実績は、↓のボタンから見ることができる。
自分にあった競艇予想サイトを見つけて、ボートレースダービーで舟券を的中させてくれ!