ボートレースメモリアルとは?歴史や賞金、歴代優勝者を詳しく解説

今CMなどで話題の競艇

ボートレースメモリアルという大会があるのは知っているか?
SGレースという、年に9回しか行われない競艇最高位の大会の1つなんだ。

正式名称は、「総務大臣杯争奪 モーターボート記念競走」
1955年から続く伝統のある大会で、競艇の発祥を記念して開催されているんだ。

競艇界でも最高峰の大会であるボートレースメモリアルは、毎年8月から9月にかけて行われている。
まさに、夏に一番盛り上がるレースと言っても間違いではない。

このページでは、ボートレースメモリアルの賞金や歴史、選手の選出方法まで詳しく解説していくぞ。

ボートレースメモリアルとは

ボートレースメモリアルは、SGの中でもさらに格式高い、GRANDE5と呼ばれる5大レースの1つ。
1955年に制定された「競艇の日」の記念行事として、大会が開催されるようになったぞ。

賞金額は、競艇全レースの中で2番目に高い、3500万円
金額からも、どれだけ大きい大会なのか伝わってくるな。

出場資格

ボートレースメモリアルは、選手の出場資格が決められている。
最大の特徴は、出場選手を全国各地の競艇場が推薦することだな。

それでは、条件を見ていくぞ。

優先出場

  • ・前年度のボートレースメモリアル優勝者
  • ・前年度の賞金王決定戦の優勝戦出場者(6名)
  • ・同年に開催されたボートレースオーシャンカップ優勝者

推薦出場

  • ・開催される競艇場を除く、すべての競艇場から推薦された選手(2名)
     ※必ず優先出場選手を1名含めなければならない

  • ・開催される競艇場の施行者が希望する選手
     ※開催年の後期A1級で、前年6月〜5月末までの出走回数が160走以上の選手のみ

条件付きではあるが、ボートレースメモリアルは各競艇場から推薦をもらった選手が出場するんだ。
各地の競艇場が推薦する選手は、地元のスター選手から期待のルーキーまで、その選出理由はさまざま。

ファンが出場選手を投票して決めるボートレースオールスターとは、また違った雰囲気のレースを見ることができそうだな。

過去5年間の優勝者

  • 2014年(若松) 白井 英治 枠番2 まくり
  • 2015年(蒲郡) 篠崎 元志 枠番2 抜き
  • 2016年(桐生) 菊地 孝平 枠番2 抜き
  • 2017年(若松) 寺田 祥 枠番1 逃げ
  • 2018年(丸亀) 毒島 誠 枠番1 逃げ

一番の特徴は、2017年の寺田祥以外、すべての選手が他のSGレース優勝経験者ということ。
舟券を買う時の参考にしてみてもいいかもしれないな。

歴代の優勝者が気になったら、以下のリンクからチェックしてみてくれ。

過去のボートレースメモリアル優勝者はここをチェック

ボートレースメモリアルでプラス収支を実現させるなら、信頼できる競艇予想サイトを選べ

ここまで読んでくれて、感謝するぜ。

ボートレースメモリアルについて、わかってくれたかと思う。
各競艇場が推薦する選手が揃うこの大会は、きっと暑い夏を盛り上げてくれるぞ。

そんな盛り上がりの中、舟券もしっかりと的中させておきたいところだな。

しかし、舟券を買った後に、
「買い目が絞れなくて、マイナス収支になっちゃう…」
「新聞の予想を見て買ったのに、全然当たらなかった…」

こんな経験をしたことがある人もいるんじゃないか?

そんな時にオススメしたいのが、ウチこと「アタルの競艇放狼記」だ。
この俺、水面の狼ことアタルが、世に溢れるさまざまな競艇予想サイトを徹底的に検証しているぞ。

ウチでは実際に会員登録をして、予想する買い目や情報に価値があると判断したサイトのみ掲載している。

もし自分の予想に不安があるなら、ウチで紹介するプロの予想を参考にしてみてもいいぜ。
情報が乏しい、中身のないサイトは掲載していないから安心してくれ。

各サイトのが実際にどれほどの成果を挙げてきたか、↓のボタンから見ることができる。
自分にあった競艇予想サイトを見つけて、ボートレースメモリアルで万舟券を狙ってくれ