ボートレースオーシャンカップとは?大会の歴史や賞金を解説するぞ

2014年以降売上が年1兆円を超え、今や人気競技となった競艇

毎年7月に開催される、ボートレースオーシャンカップというレースは知っているだろうか。

SG競走と呼ばれる、格付けの中で最高峰のレースの1つだ。
正式名称は、「海の日記念 オーシャンカップ競走」

タイトルにもあるとおり、海の日を記念して開催されているぞ。

競艇について語るなら、この真夏のレースは外せない。
このページでは、ボートレースオーシャンカップの歴史や賞金、選手の選出方法まで、細かく解説していくぞ。

ボートレースオーシャンカップとは

ボートレースオーシャンカップは、年に9回しか開催されないSG競走の1つ。
1996年に制定された海の日を記念して、同年に創設されたレースなんだ。

優勝賞金は2700万円
金額の大きさからも、いかに大きい大会なのかが伝わってくるな。

SGレースとしては珍しく、比較的ナイターゲームが多いのが特徴だ。

出場資格

ボートレースオーシャンカップには、選手の出場資格が定められている。
気になる条件を、見ていこう。

優先出場

  • ・前年度のボートレースオーシャンカップ優勝者
  • ・前年度のボートレースグランプリ出場者(6名)
  • ・同年のボートレースグランドチャンピオン優勝者

出場条件

  • ・前年度の5月〜当年4月までのG1・G2優勝戦の着順点上位者

前年度のボートレースオーシャンカップの優勝者など、結果を残している選手は優先的に出場できるぞ。

それ以外の選手は、1年間のプレミアムG1(PG1)・G1・G2レースの着順位によって得られるポイントが高い選手から出場が決まっていくんだ。
ポイントの加点方法については、次の項目で詳しく解説していくぞ。

着順点について

出場条件である着順点の審査期間は、前年の5/1〜当年の4/31まで。
PG1・G1・G2の優勝戦が対象だ。

気になるポイントの配分を、詳しく見ていこう。

加点

  • ・1着 10点
  • ・2着 9点
  • ・3着 6点
  • ・4着 5点
  • ・5着 4点
  • ・6着 3点

減点・無得点

  • スタート事故 -10点
  • 妨害失格 -7点
  • 選手責任失格 -5点
  • 選手責任外失格 0点

重要なのは、失格行為を行ってしまうと減点・無得点になってしまうことだな。
ポイントが同着になった場合は、PG1での成績がいい選手から優先して選出されていくぞ。

過去5年の優勝者

  • 2014年(丸亀) 吉田 拡郎 枠番1 逃げ
  • 2015年(三国) 石野 貴之 枠番1 逃げ
  • 2016年(鳴門) 石野 貴之 枠番3 差し
  • 2017年(丸亀) 峰 竜太 枠番1 逃げ
  • 2018年(若松) 毒島 誠 枠番2 まくり

石野貴之は2年連続優勝だけでなく、2018年の決勝にも進出している。
ボートレースオーシャンカップとの相性がいいのかもしれないな。

歴代の優勝者が気になる人は、以下のリンクからチェックしてみてくれ。

過去のボートレースオーシャンカップ優勝者はここをチェック

ボートレースオーシャンカップの買い目は、上質な競艇予想サイトで導き出せ

ここまで読んでくれて感謝するぜ。

ボートレースオーシャンカップの歴史や賞金について、わかってくれたかと思う。
大会期間外のPG1・G1・G2レースも選手選考に関わってくるから、よくチェックしておくといい。

さらに舟券を当てることができれば、いうことナシだな。

しかし実際に舟券を買ってみると、
「自分で考えた予想が、まったく当たらなかった…」
こんな経験をしている人も少なくないと思う。

そんな人にオススメしたいのが、ウチこと「アタルの競艇放狼記」だ。

ウチでは競艇予想サイトの予想結果情報を丁寧に検証して、優良と判断したサイトのみを掲載している。
この俺アタルが実際に登録して確かめているから、何の情報も渡して来ないような悪質なサイトは一件もないぞ。

もちろん、金を払ってでも掲載してほしいという依頼はすべて断っているから安心してくれ。

各サイトの検証結果は、↓のボタンから見ることができる。
自分にあった競艇予想サイトを見つけて、ボートレースオーシャンカップでプラス収支を実現するぞ!